So-net無料ブログ作成

藤井 彦四郎邸 (その2) [五個荘宮荘]

今回は、前回の流れで”藤井 彦四郎邸”の紹介です。


五個荘近江商人屋敷 藤井彦四郎邸




pano.jpg

門を入ってまず圧倒されたのが、建物の数です。
3棟の建物が廊下でつながって”藤井 彦四郎邸”を構成しています。

DSCN4609.jpg

案内図を借りて説明します。

門を入って正面にあるのが”客殿”
向かって右側に”本屋”
左側が”洋館”
です。
ちなみに庭は、この案内図の左側にあります。
資料によると、敷地面積8,155㎡、建物面積710㎡

DSCN4569.jpg

庭から見た”客殿”
総ヒノキ造りの数奇屋建築

前回紹介した武者人形や鎧は、この”客殿"に飾られています。

DSCN4560.jpg

武者人形が飾られている部屋の隣にも、鎧が!
井伊家の鎧、いわゆる”井伊の赤備え”

なお三方の欄間・垂壁部に飾られている扁額は、3つとも歴代総理大臣の書
(もともとは小学校の行動に飾られていたもの)

DSCN4565.jpg

こちらは主客間
手前の札には、ここを訪れた方々の名前が記されています。
殆ど皇室の方々。

奥の書院の障子が開いていますが、それは・・・

DSCN4575.jpg

床の間の格天井を眺めるために開かれていたのでした。


DSCN4556.jpg

次は洋館
一見ログハウスのように見えます。

DSCN4577.jpg

内部にはいろんなものが飾られています。
どうやら本当のログハウスではなく、ログハウス調に外を仕上ているだけのようです。
もっとも建物の材料自体は、海外から輸入したもののような・・・・

DSCN4578.jpg

こちらはイギリスの客船に使われていた調度品
ヨーロッパに渡った時のよき思い出のためにと、取り寄せたそうです。

淡々と説明していますが、ここまで来ると財力の凄さに圧倒され、凄いことに麻痺してしまった感があります。

pano2.jpg

私の好きな古地図が展示されていました。
滋賀県南部の地図です。

pano3.jpg

こちらは屋敷周辺の地図(黒いハッチの部分が藤井 彦四郎邸)
周辺の敷地がちきんと区割りされているのがわかります。これは古代条里制の名残です。

では、”客殿”にもどり、

DSCN4582.jpg

ヒノキのお風呂と

DSCN4586.jpg

脱衣室です。

DSCN4610.jpg

今日の最後はこちら

お茶室ではありません。おトイレです。(思わず”お”をつけてしまいました。)

しかし何故、”羊”?   しかも大理石

次回は”本屋”の紹介です。(やはり1回では納まりませんでした。)


nice!(17)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 17

コメント 7

Baldhead1010

100記事目、おめでとう^^
by Baldhead1010 (2009-04-30 06:20) 

dendenmushi

@近江鉄道に近い「てんびんの里」といわれるところは、一度歩いたことがありますが…。
 「古地図」がお好きとは、うれしいですね。「吾唯足知」もでんでんむしの座右の銘でございます。
by dendenmushi (2009-04-30 06:21) 

こぎん

西方面の地理も歴史もいまいち・・・なんで、質問ですが、
この方々はなにで財を成したのでしょう?
そして、今はこ~んな立派なところに住んでいらっしゃらない?

すごいな~~。日本は広く深いです。
そのログハウスでいいから、住み込み家政婦になりたいかも・・・。
・・・いらん? ^^;
by こぎん (2009-04-30 08:24) 

SilverMac

100記事オメデトウございます。五個荘町の豪商邸宅は、桁違いですね。これからも近江を紹介して下さい。
by SilverMac (2009-04-30 12:08) 

yakko

スゴイですね〜 大名屋敷以上ですね(^。^)
100記事オメデトウございます。
by yakko (2009-04-30 12:20) 

リュカ

こんにちは。
ものすごく広い敷地ですね(◎◎
行ってみたいです。
by リュカ (2009-04-30 19:27) 

tmykj1

ガンビーさん、たかひろさん、しばちゃん2cvさん、リュカさん、xml_xslさん、yakkoさん、SilverMacさん、こぎんさん、Baldhead1010さん、dendenmushiさん、niceありがとうございます。

Baldhead1010さん、SilverMacさん、yakkoさん、100記事のお祝いありがとうございます。まだまだ100記事と気を引き締め、これからも続けて参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

dendenmushiさん、古地図を眺めて、あれこれと想像をめぐらせるだけで、楽しくなりますね。もちろん現代の地図も眺めるのは好きです。

こぎんさん、藤井 彦四郎氏は毛糸や絹糸で財を成した方です。「スキー毛糸」は彦四郎氏によるものです。繊維産業の衰退とともに、財も減っていったのかもしれません。
五個荘の近江商人には他に、満州で財をなしたが、敗戦とともに全てを失った方などもいらっしゃいます。
サクセスストーリーにのみ脚光が浴びせられ、その後はあまり知られていませんね。きちんと調べてみます。(これはこれで楽しそう。)

リュカさん、ぜひ五個荘に遊びにいらしてください。
by tmykj1 (2009-05-01 12:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。